滅菌・感染予防について


『あたりまえのことをあたりまえに』

自分の受けたい治療の提供を発送の基礎として、当院では滅菌・感染予防を行っております。

 

より衛生的な「お水」で治療を受けていただくために

歯科ユニットウォーターライン除菌装置(ポセイドン)導入。
近年、歯科ユニットの給水管路のバイオフィルムによる汚染が注目されています。夜間、給水系チューブ内の残留塩素濃度が減少してしまうため、水道水が本来持っている殺菌能力がなくなり、細菌が急速に増殖してバイオフィルムを形成すると考えられています。
「ポセイドン」は、残留塩素濃度を補正し、給水管路内の除菌能力を維持することでクリニックにとっても、患者様にとっても、より衛生的な給水環境をご提供します。

ポセイドン

 

 

【高圧蒸気滅菌器】Lisa(クラスB)

ヨーロッパで最高ランクのクラスB滅菌器「Lisa(イタリア W&H社製)」を当院では2台採用しております。一般診療器具は勿論、オペ器具なども滅菌できるものはすべてLisaで高圧滅菌処理を行っております。

特徴:クラスB基準クリアの、最高水準滅菌

Lisaではエイズウイルス・B型肝炎ウイルス・感染性微生物を死滅させるのは勿論、牛海綿状脳症(狂牛病、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病)の原因であるプリオンまで不活化させる事が可能です。

 

 

滅菌パック・ディスポーザブル器具

当院では院内感染を完全に防ぐ目的から、高レベルの滅菌・消毒の出来ない器具は患者様ごと毎回新品の使い捨て可能な製品(ディスポーザブル製品)を使用しています。
また、治療用器具は各セット毎に滅菌パックに入れて滅菌し、治療直前までパックしたままです。
ゴミが多くなりエコではありませんが、感染予防を最優先にしております。 

 

 

口腔外バキューム

この装置は治療中に発生する有害な歯の切削片・金属片・血液・唾液などの飛散や、さまざまな細菌汚染物質を発生源で捕集するクリーンシステムです。
歯を切削すると、歯の粉・唾液・血液などの目には見えないほど細かい飛沫・粉塵が空気中に飛散しますが、口腔内バキュームだけでは細かな飛沫・粉塵を全て取り除く事は出来ません。ですので、この装置により安全かつ清潔な診療室の実現を可能にしています。

 

業務用空気清浄機の設置

国公立病院や大学病院でも採用されている、手術室で使用される基準の業務用空気清浄機です。置型空気清浄機に比べ7~10倍のパワーで、毎分35立方メートルの浄化能力があります。
各種バキュームでも吸い取りきれなかった粉塵や空気中のウイルス・花粉・PM2.5等の微粒子まで除去出来ます。

 

 

診療時間

[月~水・金]
9:00〜13:00/14:00~17:30
[土曜日]
9:00〜13:00/14:00~17:00
[休診日]
木曜日・日曜日・祝日

滅菌・感染予防について